HOME>トピックス>集合住宅から一軒家、そしてペット共生型まで多彩な物件がある

アパートとマンションの相違点

マンション

都心に近くアクセス良好な中野エリアは優良物件が揃っていますが、賃貸の種類によって特色なども異なります。例えばアパート物件なら、管理費もしくは共益費の何れかが請求されるだけの場合が多いのに対し、マンションでは両方必要になる物件も少なくありません。

マンション物件には2種類ある

積み木

共益費は入居者全員で使う設備のランニングコストですから、エレベーターを完備するマンションならその電気代が、管理費とは別に共益費として請求されるのです。また、中野エリアの賃貸マンションには分譲賃貸マンションという種類もあり、これは分譲マンションをリロケーションなどで貸し出された物件となっています。

持ち家感覚で暮せる物件

そして、中野エリアで伸び伸び子育てをしたいご家族に人気なのが一軒家の賃貸で、この物件なら持ち家の一戸建てと変わらない感覚で暮せます。ペットも大抵自由に飼えますし、楽器の演奏やガーデニングなども楽しめるのが特徴です。

ペットを部屋で飼いたいならこの物件

犬や猫を飼いたいならペット共生型の賃貸マンションを探すのも良く、これはペットの室内飼いを前提とした物件です。入居者は全員ペットを飼っているので犬や猫を気兼ねなく飼えるうえ、ペットに優しい床材や散歩帰りの足洗い場など、ペットを考慮した専用設備が整っています。中野エリアならドッグランつきの物件も探せるため、チェックしてみると良いでしょう。ただしペット共生型の賃貸物件は供給量が極めて少ないので、入居可能な好物件を発見した際は早めの決断も大切です。

広告募集中